ピーチローズ 成分 効果

ピーチローズの気になる成分に注目!だから効果があったんだ!?

 

お尻のニキビや黒ずみに悩んでいる方は一度ピーチローズを
試してみてください。

 

私も繰り返すお尻ニキビに悩まされていましたが、
ピーチローズを2か月使うことで解消されたんです

 

 

>>>管理人のピーチローズ体験レビューを見る

 

ニキビだけじゃなく、塗った場所のお肌がツルツルキレイになるから
美肌にもいいんです。

 

ピーチローズがお尻のニキビにこれだけ効く理由はその成分にあります!

 

当たり前ですが(^^

 

 

ここではピーチローズの成分に注目します。
使ってみたい!という方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

ピーチローズはただのクリームじゃない!

 

 

まず知っておきたいのがピーチローズはただのクリームではない、
ということです。

 

医薬部外品なんです。

 

厚労省が「効果があります!」と認めた成分が一定量入っているんです。

 

 

ピーチローズの場合、その成分(有効成分)は

 

  • アルブチン
  • グリチルリチン酸2k

 

の2つです。

 

まずこの成分を見ていきます。

 

アルブチンのココがスゴイ!

 

 

ニキビができるとその後が黒ずんでしまうことがありますよね。
そのためにもニキビケアクリームには美白成分は必須です。

 

美白化粧品にもよく使われるアルブチンは美白効果がとても高いんです。

 

この働きをかんたんに言うと、黒ずみのもと・メラニンが作られるのを抑えるんです。

 

またハイドロキノンとよく比較されますが、刺激が強いハイドロキノンに対して、
アルブチンは低刺激で安全性が高いのが特徴です。

 

デリケートな日本人女性の肌に適した美白成分と言えます。

 

さらにピーチローズは美白に効果的なプラセンタを高濃度に配合しています。

 

実際に私がお尻のニキビ跡に塗って、色はかなり薄くなりました!

 

他の成分の働きもあると思いますが、ピーチローズのアルブチンの
美白効果はかなりすごいですよ!

 

ニキビケアの必須成分・グリチルリチン酸2K

 

 

グリチルリチン酸2Kは甘草という植物から抽出される成分です。

 

古くから漢方でも使われてきた成分ですね。

 

グリチルリチン酸2Kは抗炎症作用が強いんです。

 

ニキビはお肌が炎症している状態ですから、この成分が効くんです。
ニキビができにくい肌にしてくれる、予防の働きもありますね。

 

 

しかも安全性は高いです。

 

使用量が法律で定められていて、どのメーカーもその使用量を守って
製品を作っているので、副作用も起きにくいんです。

 

 

私はピーチローズを2か月使って、お尻のニキビ3つをほとんどキレイにして、
その後もできにくくなりましたが、グリチルリチン酸2Kの働きが
大きかったのでしょう(^^

 

美容成分も豊富なピーチローズで美尻ケアしちゃおう!

 

 

ピーチローズをお肌になると、ツルツルスベスベキレイなお肌になれるんです!

 

アルブチン、グリチルリチン酸2Kの他に

 

トレハロース、アラントイン、天然ビタミンE、エラスチン、水溶性コラーゲン、
ヒアルロン酸、ワレモコウエキス、クワエキス、シャクヤクエキスなど

 

数え切れないほどの美容成分が入っているためなんです♪

 

 

今まで悩んでいたのがばからしくなるほどキレイになりますよ!

 

おかげで彼にも喜んでもらっています(^^

 

 

ぜひあなたもその効果を実感してみてくださいね♪